築上町歴史散歩ホームページ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 地図から探す
文字サイズ 大 中 小
検索
築上町歴史散歩ホームページ > 古民家食庵 伝法寺庄 > 施設の紹介

施設の紹介

古民家食庵伝法寺庄(旧竹内邸)


くつろぎの古民家

お食事処の建物は明治13年建築の入母屋造の木造平屋建ですが、大正5年に茅葺から瓦葺に改修し、その時に書斎や二階建を増築しました。今も座敷の襖に貼られている6枚の書画にも丁巳(ひのとみ)大正6年の銘があります。建物は柱や梁の太い農家住宅で、柱は荏油でよく磨かれ黒光りし、白い漆喰とのコントラストが重厚感と柔らかな質感を感じさせ、畳、障子、襖の和室は落ち着きがあります。座敷から眺める池庭は小さいながら、セキショウやツツジ、ウメなどが石橋と石組、建物や山並みの借景と調和し、夏にはホタルが舞う、くつろぎと癒しの空間となっています。

写真はクリックすると拡大表示されます。

  • 旧竹内邸表門

    旧竹内邸表門

  • 伝法寺庄玄関

    伝法寺庄玄関

  • 玄関間

    玄関間

  • 土間と玄関間

    土間と玄関間

豊前宇都宮氏の古里"城井谷、伝法寺庄"

 お店の名前はここ伝法寺が平安時代に宇佐神宮の荘園(神領)、「伝法寺庄」と呼ばれたことに由来します。伝法寺庄は鎌倉時代には豊前宇都宮氏の初代、信房が九州平定の恩賞として源頼朝から賜った所領です。この古民家は平成27年に竹内家から地域のために役立てほしいと、築上町に寄贈されました。竹内家は古くからの城井谷の在地領主で、宇都宮氏の有力家臣、伝法寺氏の末裔です。戦国時代には鎮房の重臣、伝法寺兵部の名が知られ、宇都宮氏滅亡後、伝法寺氏は姓を名乗らず、代々宇都宮氏の氏神である岩戸見神社の宮柱を世襲する家として存続し、明治時代には伝法寺という地名を冠する姓は過分であると、屋敷まわりに竹が繁茂していたので、竹内氏を名乗るようになります。現在の住宅の建設時の当主は竹内徳松(1859~1947)で、上城井村の議員や助役を務め、また農事改良活動や、肥料購入などの信用購買組合を設立するなど、地域の発展に貢献しました。

古民家食庵 伝法寺庄 (旧竹内邸)
地図

このページの先頭へ
築上町教育委員会 生涯学習課 文化財保護係

福岡県築上町大字船迫1342-22 船迫窯跡公園
TEL・FAX 0930-52-3771

史跡に関するお問い合わせ

  • 船迫窯跡公園 (月曜休館)
    〒829-0106 福岡県築上郡築上町大字船迫1342—22
    TEL:0930-52-3771 (FAX兼用)
    →お問い合わせはこちら
  • 築上町歴史民俗資料館 (木曜のみ開館)
    築上町椎田1646 延塚記念館(TEL:0930-56-1575)
  • 築上町役場
    〒829-0392 福岡県築上郡築上町大字椎田891-2
    TEL:0930-56-0300 FAX:0930-56-1405
  • 築上町教育委員会
    〒829-0192 福岡県築上郡築上町大字築城1096
    TEL:0930-52-0001 FAX:0930-52-2786

© 2012- 2017  築上町歴史散歩ホームページ All Rights Reserved.