築上町歴史散歩ホームページ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 地図から探す
文字サイズ 大 中 小
検索
築上町歴史散歩ホームページ > 戦国のムラ 城井谷 > ゆかりの地

ゆかりの地

不老山正光寺と岩戸見神社

不老山正光寺

木造文殊菩薩騎獅像


不老山正光寺と岩戸見神社(伝法寺)

宇都宮信房は下野国から持仏の文殊菩薩を勧進し正光寺を開きました。文殊菩薩は檜材の寄木造りで、農耕牛を思わせる力強い獅子に座しています。文殊菩薩は仏教のあらゆる教えを説く仏として、智恵をつかさどる菩薩と言われ、右手には智剣を左手に経巻をいただいています。文殊信仰は奈良西大寺律宗の影響が強いといわれ、信房は晩年律宗に帰依しています。文殊菩薩は年に一度2月25日と26日にご開帳されます。9月には白い彼岸花が境内に咲きます。また信房は下野国より二荒大明神を招来しここに岩戸見神社を祀りました。


勝間田彦六左衛門重晴の碑(岩丸)、大野小弁正重の碑(岩丸)

天正15年(1587)10月、第一次城井谷合戦で黒田側は寒田攻めを開始します。城井谷を正面からではなく、広幡城を攻略してからそのまま岩丸の尾根を攻めました。この尾根道の突き当たりが小山田城。黒田側の先手は大野小弁正重、二番手は勝間田彦六左衛門重晴が務めたが、二人とも城井側の塩田内記、新貝荒五郎に討ち取られ、岩丸の山中にそれぞれ墓所が残っています。また二人の首のほか800余りを黒岩越(櫟原)にかけ連ね、今も首塚と伝えられます。そして長政は敗戦となり馬ヶ岳城に退去しました。

写真はクリックすると拡大表示されます。

  • 勝間田彦六左衛門碑

    勝間田彦六左衛門碑

  • 大野小弁正重碑

    大野小弁正重碑

地図

このページの先頭へ
築上町教育委員会 生涯学習課 文化財保護係

福岡県築上町大字船迫1342-22 船迫窯跡公園
TEL・FAX 0930-52-3771

史跡に関するお問い合わせ

  • 船迫窯跡公園 (月曜休館)
    〒829-0106 福岡県築上郡築上町大字船迫1342—22
    TEL:0930-52-3771 (FAX兼用)
    →お問い合わせはこちら
  • 築上町歴史民俗資料館 (木曜のみ開館)
    築上町椎田1646 延塚記念館(TEL:0930-56-1575)
  • 築上町役場
    〒829-0392 福岡県築上郡築上町大字椎田891-2
    TEL:0930-56-0300 FAX:0930-56-1405
  • 築上町教育委員会
    〒829-0192 福岡県築上郡築上町大字築城1096
    TEL:0930-52-0001 FAX:0930-52-2786

© 2012- 2017  築上町歴史散歩ホームページ All Rights Reserved.